提示されている賠償金は適正でしょうか?
計算方法は?逸失利益とは?分かりやすくポイントをご説明いたします。

当センターの目的

交通事故の被害者救済のために、被害者の方が保険会社との間で不利な内容の示談をして後悔されることがないよう、賠償金をアップさせるためのノウハウや知識などを発信していくこと。

交通事故の賠償金をアップさせるための無料アドバイスや無料診断、また、弁護士への相談や依頼を必要とされる方へ相談窓口や法律事務所をご紹介すること。

交通事故における示談交渉の実情

保険会社から提示された賠償金額が適正な金額とは限りません。
保険会社も営利企業ですので利益を多く上げるためにはなるべく少ない金額で示談したいというのが本音です。
 そこで、多くのケースでは自動車損害賠償責任保険(自賠責保険とか強制保険といわれています)で定められた基準に従って賠償金額が提示されています。保険会社の担当者が「法律で定められている基準に従って算定した金額です」という説明をすることも少なくないため、多くの交通事故被害者は交渉しても無駄だと考えてしまい、保険会社が提示してきた自賠責保険の基準に従った安い賠償額で示談してしまっています。
「法律で定められている基準に従って算定した金額です」という保険会社の担当者の説明は間違っていませんが、増額ができないわけではないのです。賠償金算定の仕組みや賠償金増額のノウハウを知りさえすれば保険会社から提示された賠償金を増額させることは決して難しいことではありません。 「ちゃんと算定すればもっと増額することが出来るのに、保険会社が提示してきた安い賠償金のままで示談してしまっている」
これが、交通事故における示談交渉の実情なのです。
 このような実情を変え、弱い立場の交通事故被害者を救済したいというのが当センターの願いです。

交通事故における示談交渉の実情-イラスト

なぜ賠償金を算定すべきなのか

「これ以上の増額は難しいです」
「保険会社としては最大限の金額を提示しています」
などと保険会社の担当者から言われて、それなら仕方ないと示談交渉を諦めていませんか?
しかしながら、保険会社が提示してきた賠償金を増額するためのノウハウや方法があるのです。
もちろん保険会社が提示している賠償金額は法律で定められた自賠責保険の基準に従っているか、または基準を上回っており、保険会社が提示している賠償金額にも何らかの算定根拠があります。 ですので、保険会社の担当者に対して、単に「賠償金を上げてほしい」というだけでは、「これ以上の増額は難しいです」といった上記のような決まりきった回答が返ってくるだけです。

そこで、保険会社に対して賠償金額の増額を求めていくためには、
①賠償金が上がる余地があるのかどうか、 ②賠償金が上がるとしてどのような理由で増額を要求するべきなのか
という点を検討する必要があります。
むやみやたらに保険会社に増額を求めても全く効果はありませんので、まずは、保険会社から提示された賠償金額を増額できるかどうか当センターで算定してみませんか。 提示された賠償金額が適正かどうか、すなわち増額できるかどうかを知ることから示談交渉は始まります。

一度示談してしまうと後から示談をやり直すことはできません。
示談される前にぜひ一度ご相談下さい。

賠償金無料診断 診断システム監修:安部剛法律事務所