慰謝料算定に使われる3つの基準
について解説いたします。

慰謝料の3つの基準

交通事故による精神的な苦痛の感じ方は人それぞれですので、全ての事故について

慰謝料を個別に検討するとなると非常に時間がかかる作業が必要となります。

そこで迅速な支払いをするために実務では以下の3つの基準が設けられています。

自賠責保険基準

自賠法に支払基準が明記されており、損害賠償金はこれに基づいて支払われます。金額は最も少なくなります。

任意保険基準

損害保険会社の支払基準です。各保険会社ごとに基準があり、その金額は自賠責基準より若干多いことが多いです。

弁護士会基準

弁護士会が過去の判例を参考に基準額を算定したものです。日弁連交通事故相談センター東京支部の作成する「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」(通称『赤い本』)がこれにあたります。

以下に赤い本の「入・通院慰謝料表」
を掲載しますので、参照してください。

矢印

弁護士会基準を目指しましょう!

保険会社から提示される慰謝料は自賠責基準や任意保険基準の低い基準で計算されているケースが殆どです。
このような低い基準と弁護士会基準では、数十万から数千万円の差が出てしまうことになりますので、弁護士に相談をして弁護士会基準での慰謝料請求を目指しましょう!

賠償金無料診断 診断システム監修:安部剛法律事務所

入通院慰謝料(弁護士会基準)

入・通院慰謝料表

入院1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月13月14月15月
通院53101145184217244266284297306314321328334340
1月2877122162199228252274291303311318325332336342
2月5298139177210236260281297308315322329334338344
3月73115154188218244267287302312319326331336340346
4月90130165196226251273292306316323328333338342348
5月105141173204233257278296310320325330335340344350
6月116149181211239262282300314322327332337342346 
7月124157188217244266286304316324329334339344  
8月139170199226252252274292308320328333338   
9月139170199226252274292308320328333338    
10月145175203230256276294310322330335     
11月150179207234258278296312324332      
12月154183211236260280298314326       
13月158187213232262282300316        
14月162189215240264284302         
15月164191217242266286          

弁護士会基準(単位:万円)

むち打ち症の場合の慰謝料

むち打ち症といわれる症状は、非常にやっかいな症状です。 何がやっかいなのかと言えば、むち打ちになる原因が良くわかっておらず、病院で検査を受けても原因がはっきりせず治療を受けても必ずしも良くなるとはかぎりません。 それどころか、季節や天候によっても症状が日々異なるので、被害者ご本人でさえ良くなっているのか、また治っているのかの判断に迷うことが少なくありません。 その一方で、現在ではむち打ち症の患者は、交通事故による怪我のなかで最も多いパーセンテージを占めている状態です。
このように交通事故被害者の多くが悩まされるむち打ち症ですが、上記のとおりその原因がはっきりしない事が多いので、他覚症状(レントゲンやMRIなどの検査結果など)のないむち打ち症の場合の慰謝料は前述した慰謝料より若干低めの基準で算定されます。
 このむち打ち症という言葉は、自賠責保険の後遺障害別等級表にも使われておらず、神経症状という言葉に置き換えられています。むち打ち症の後遺障害として主に認定されるのは、14級9号と12級13号という後遺障害ですが、後遺障害診断書が作成された場合であっても後遺障害として認定されない場合もあります。 適正な後遺障害を獲得するためには、交通事故に詳しい専門家に相談した上でしっかりとした資料を準備することが必要です。
 当センターではご希望される方には、適正な後遺障害等級の獲得に豊富な実績を有する交通事故に強い専門家をご紹介しております。

以下に赤い本の
「むち打ち症で他覚症状のない場合の入・通院慰謝料表」
を掲載しますので、参照してください。

矢印

むち内症で他覚症状がない場合の入・通院慰謝料表

入院1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月13月14月15月
通院356692116135152165176186195204211218223228
1月195283106128145160171182190199206212219224229
2月366997118138153166177186194201207213220225230
3月5383109128146159172181190196202208214221226231
4月6795119136152165176185192197203209215222227232
5月79105127142158169180187193198204210216223228233
6月89113133148162173182188194199205211217224229 
7月97119139152166175183189195200206212218225  
8月103125143156168176184190196201207213219   
9月109129147158169177185191197202208214    
10月113133149159170178186192198203209     
11月117135150160171179187193199204      
12月119136151161172180188194200       
13月120137152162173181189195        
14月121138153163174182190         
15月122139154164175183          

弁護士会基準(単位:万円)

後遺障害の慰謝料

交通事故により怪我をして治療を続けていても、治ることなく症状が残ってしまう場合には後遺障害についての損害を請求することができます。 このように、治療を続けても症状がこれ以上良くならないと医師が判断した状態を「症状固定」と呼び、その日を「症状固定日」と呼んでいます。 後遺障害が残っていると診断された場合には、医師に後遺障害診断書を作成してもらい、保険会社を通じて後遺障害の認定をしてもらうのが一般的な流れです。 後遺障害の認定は保険会社ではなく、自賠責調査事務所という機関が行っており、その認定結果に基づいて保険会社は、後遺障害慰謝料や逸失利益などの後遺障害に関する損害を支払うことになります。
この後遺障害慰謝料については保険会社が提示した金額と弁護士会基準とでは差額が数百万円にもなることも珍しくありませんので注意が必要です。

以下に「後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士会基準との比較表」
を掲載しますので、参照してください。

矢印

後遺障害慰謝料の支払限度額

後遺障害等級自賠責保険基準弁護士会基準
弁護士会基準1,600万円(1,800万円)
要介護の第2級1,163万円(1,333万円)
第1級1,100万円(1,300万円)2,800万円
第2級958万円(1,128万円)2,370万円
第3級829万円(973万円)1,990万円
第4級712万円1,670万円
第5級599万円1,400万円
第6級498万円1,180万円
後遺障害等級自賠責保険基準弁護士会基準
第7級409万円1,000万円
第8級324万円830万円
第9級245万円690万円
第10級187万円550万円
第11級135万円420万円
第12級93万円290万円
第13級57万円180万円
第614級32万円110万円

後遺障害の異議申立

後遺障害等級の認定申請をしたが非該当とされてしまった、または、後遺障害は認定されたが認定された等級が思っていたより低いなど、後遺障害等級に関して不服がある場合は、「異議申立書」を保険会社に提出して異議申立を行うことができます。
もっとも、異議申立をするためには新たな医学的な資料を集めたり、不服がある部分に対して論理的に反論するなどの必要があり、専門的な知識が要求されるため被害者ご本人でされるのはあまりお勧めできません。